高齢者の住まい

高齢者の住まい

住まいは、若いころ暮らしやすいと思っていた家でも、年齢を重ねるとともに暮らしにくさを感じることがあります。暮らしやすさは、年齢によって違いがあるのです。高齢者になると、どのような住まいが理想なのでしょうか。

 

高齢者の住まいについて、考えてみましょう。

 

在宅での医療・介護が増える時代

厚生労働省が発表している、地域包括ケアシステムを2025年までに整えるという取り組みによって、これからは在宅での医療と介護が重要視されるようになりました。24時間体制で医療や介護の体制が整えられるようになるなど、ますます住まいの重要性は高まっていくでしょう。

 

そのため、いかに住みやすい家で暮らすことができるか、は医療や介護の質を高めることにもつながるのです。

 

バリアフリー住宅について

高齢者が暮らしやすい住まいの基本は、やはりバリアフリー住宅ですね。バリアフリー住宅というのは、障害物・障壁がない家という意味があります。そのため、車いすに乗っている人でも、足を大きく持ち上げられない人でも、そして歩行に不安がある人にも、暮らしやすい家である必要があります。

 

具体的なバリアフリー住宅の設備としては、まず部屋間の段差などをなくす、という点です。若いころは特に意識せず普通に暮らせていた段差でも、高齢になると段差を乗り越えるのが大変に感じてしまいます。また、階段も手すりがないと登ることができないなど、年齢に応じて不便と感じる点を取り去ることが、バリアフリー住宅の基本ですね。車いすであれば、スロープを設けるとか、廊下の幅を広めにとる、といったものもバリアフリー住宅です。

 

高齢者が本当に暮らしやすい場所って?

高齢になると、住み慣れた家では介護を受けることが難しく、老人保健施設への入所や、その他の地域の病院へ…などといった介護がおこなわれることもあるのですが、高齢者にとって本当に暮らしやすい場所とはどこなのでしょうか。多くの人が、やはり住み慣れた自宅がいい、と答えるでしょう。高齢になって介護が必要な状態になった途端、一気に住む環境が変わるのはストレスもあるでしょうし、仕方がないとは思っていても、内心は住み慣れた家で過ごしたいなぁと思っているのです。

 

高齢者のための取り組みである、地域包括ケアシステムは、高齢者が住み慣れた地域で元気に過ごせることを目標としています。その一つとして住まいを整えることも、非常に大切な取り組みではないでしょうか。