ケアマネジャーの重要性

ケアマネジャーの重要性

介護支援専門員と呼ばれるケアマネジャーの仕事は、平成9年の介護保険制度がスタートしたときに資格が設けられた、まだ新しい職種となっています。これから介護支援専門員、いわゆるケアマネジャーの需要が増えていくでしょう。また、需要が増えるだけではなく、ケアマネジャーの役割も変わり、より重要な役割を担っていくことになります。

 

では、ケアマネジャーの仕事内容や今後変わる役割についてご紹介します。

 

ケアマネジャーの今

ケアマネジャーは、平成9年にできた資格で、その当時はケアマネジャーとして働く人を確保するために、資格を取得するのが簡単でした。しかし、今ではケアマネジャーになるためにはしっかり勉強をする必要があります。合格率は低下しており、なんと平成25年には15%程度の合格率になるなど、今は難易度が高くなっているのです。前は看護師が多く受験していた資格でしたが、最近は高齢化に伴って介護が重要とされはじめ、介護業界で働く人々がケアマネジャーの資格を取得することが増えています。

 

ケアマネジャーは大変な仕事

ケアマネジャーは、資格を取得するために勉強をして、一度資格を取得してしまえば終わり、というわけではありません。介護職員としてスキルアップするためにケアマネジャーの資格を取得する人が増えていますが、資格は取得してからが大変です。介護保険制度は5年に一度の見直しがされているのですが、そのたびにケアマネジャーは制度に対応するよう、勉強が必要です。5年おきに更新研修も必要になる資格です。

 

実際にケアマネジャーとして働いている人でも、仕事量に対して給料が見合っていない、などと感じている人も多いようです。

 

質を高めることが課題

ケアマネジャーとして働く人々の質を高める、それこそが地域包括ケアシステムを整えるなど、高齢者が暮らしやすい状態を作るためには、重要な課題になっています。ケアマネジャーがスキルアップをして質が高まることによって、高齢化社会もいい方向へと変わっていきます。大変な仕事ではありますが、ケアマネジャーという仕事はより需要も高まっていきます。社会的な地位も高まっていくことが期待されていますので、大変な分やりがいのある仕事です。これから超高齢化社会が進んでいく中、介護業界においてはとても大切な存在となります。

 

高齢者や高齢者を抱える家族にとって、ケアマネジャーは頼れる存在です。地域包括ケアシステムを支える存在として、スキルアップしたケアマネジャーがこれからは必要になるでしょう。